【画像で解説】初心者でも作れる!女性に人気のガーベラハーバリウムの作り方

2020年05月20日

オレンジガーベラ

こんにちは!
ハーバリウムジャパンデザイナーの横田です。

ハーバリウムを作る時、
メインの花材というもを決める時があります。

花材には数百種類ありますが
中でも際立つ花材というものが存在します。

今回ご紹介するガーベラは、そんな花材の1つ。
特に女性から人気のあるお花です。

本日はハーバリウム初心者の方でも作れる
ガーベラハーバリウムの作り方をお伝えします。

ガーベラハーバリウムの準備

ガーベラの入る瓶を選ぶ

ガーベラハーバリウムを作る時は
瓶は口径の大きいものにしましょう。

ガーベラは花径が大きいので
口径が小さい瓶だと入りません。

ガーベラ丸瓶

そのため、今回使用する瓶は口径約6㎝、約200mlの瓶を用意します。

ガーベラハーバリウムの補足花材と選び方のポイント

今回はガーベラがメイン花材となるので
その他の花材を考えます。

花材を選ぶポイントは、ガーベラが表面に来るので
裏面でも鑑賞できる花材としてシルバーデイジー、
支えとなるカスミソウを用意します。

今回揃えた花材は

・ガーベラ(オレンジ)
・シルバーデイジー(ピンク)
・カスミソウ(白)

こちらの花材でガーベラハーバリウムを作ります。

ガーベラハーバリウム花材

用意する道具

ハーバリウムを作る際に必要な道具は

・ボトル
・ハサミ
・ピンセット

が必須です。

後は、オイルを入れる際に
ドレッシングボトルや如雨露(じょうろ)があると便利です。

また、カメラ等で使うブロワー(空気を出す道具)があると
瓶の埃等も出せたりするのであると便利です。

ガーベラハーバリウム瓶底

瓶の向きを整える

制作の前に、瓶によっては接続部分の筋が残っている場合があります。
写真では分かりずらいので、赤線で引いてあります。

ハーバリウム赤線

要は、この接続部分が正面にきてしまうと
せっかく作ったハーバリウムが線で隠れてしまい台無しです。

見栄えも悪くなるので、修正か最悪作り直しにも
なってしまいます。

必ず、ハーバリウム制作前に
向きを確認してください。

ハーバリウム制作に慣れないうちは
途中で花材が動いたりしてしまう事があるので
布テープ等で目印として貼っておくといいですよ。

ハーバリウム布テープ

ハーバリウム布テープしるし

ガーベラハーバリウム作り方手順

ガーベラハーバリウムを画像付きで分かりやすく解説します

それでは準備が出来たら制作していきましょう。

①瓶底にカスミソウを入れます

②ピンセットは茎を掴むように挟みます
ピンセットカスミソウ

③カスミソウの上にシルバーデイジーを乗せます
シルバーデイジーピンク

④さらにカスミソウを追加して、もう1つシルバーデイジーを乗せます

⑤瓶を反対にして正面にガーベラを入れます

⑥瓶を少し斜めに傾けて、オイルを入れていきます

⑦少量オイルを入れて、花材が浮かないか確認します

⑧正面も確認します

⑨問題なければ、上までオイルを入れて完成です

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は初心者の方でも作れる
ガーベラハーバリウムの作り方についてお伝えしました。

ガーベラハーバリウム作りのポイント
ガーベラの花が大きいので、他の花材を
どう補っていかすかがポイントです。

オレンジ色のガーベラは
元気がもらえるお花なので
プレゼントとしても最適ですよ!

花材や資材の用意、製作が面倒だという方は
ハーバリウムジャパンでオーダーメイド制作致します。

ハーバリウムプレゼントをご検討の方は
お気軽にご相談ください。

https://www.instagram.com/p/CANZAA5nrbd/

ハーバリウムの花材はコチラ